©2019 by Sangyo Kaihatsukiko, Inc.  All rights reserved.

オリンパス、胆道ビデオスコープ『CHF-B290』を発売

 オリンパス株式会社は、膵胆管疾患の診断・治療に用いる胆道ビデオスコープ『CHF-B290』を国内で発売した。本製品は、十二指腸スコープの鉗子挿通用管路(※1)に挿入して使用する細径スコープ。近点の画質を強化し、耐久性・操作性の向上を実現したことで、膵胆管疾患のさらなる診断性能向上に貢献する。

胆道ビデオスコープ『CHF-B290』

■本製品の主な特長

1.近点画質の強化により、精度の高い診断に貢献

 観察深度(※2)を従来の3~20mmから1.5~20mmに見直し、今まで以上に近接した観察が可能になった。また、粘膜表面の微細な血管やその模様がより見えやすくなる、オリンパス独自の画像強調技術「NBI」にも対応。より高精度な膵胆管の診断に貢献する。


2.耐久性の向上により、安定した手技をサポート

 先端の湾曲部の外形を細く維持したままゴムの厚さを約2倍にし、さらにスコープが柔軟に曲がる「軟質部」を新たに搭載したことで、耐久性の向上に寄与する。さらに、鉗子挿通用管路を1.2mmから1.3mmに広げ、処置具の挿入性や膵胆管内を洗浄する際の送水量が向上した。管路を広くしたことで処置具との摩擦が軽減され、管路の破損軽減にも貢献する。


※1  内視鏡を通じてさまざまな処置具を挿入し、内視鏡の先端から

   出すための管路。

※2 ピントが合った状態で観察できるレンズと被写体の距離の範囲。