©2019 by Sangyo Kaihatsukiko, Inc.  All rights reserved.

Basler、医療・ライフサイエンス用途向けカメラシリーズMED aceの量産拡大

 産業用カメラメーカのBaslerは、医療・ライフサイエンス用途向けカメラシリーズMED aceのラインナップを拡充し、カラーモデル、モノクロモデル合わせて8モデルの量産を新たに開始した。今回追加されたのはUSB 3.0対応の9MPモデルと12MPモデルで、最高性能のCMOSセンサを搭載し、最大フレームレート42fpsを実現している。これにより、Basler MED aceのモデル数は計18モデルになる。


量産拡大:Basler MED ace USB 3.0対応モデル(9MP/12MP)

 「優れた性能はもちろん、MED aceにはほかにも2つの大きな特長があります」と話すのは、Baslerで医療市場向け製品管理チームリーダーを務めるPeter Behringer氏。「1つ目は、全モデルの製造、販売、関連サービスの提供においてISO 13485:2016を導入していること。そして2つ目は、医療・ライフサイエンス用途向けに高性能なハードウェア、ファームウェア、ソフトウェアを組み合わせて開発したBasler MED機能セットを搭載していることです」と同マネージャーはその特長を述べている。


 デジタルカメラの製造、販売、関連サービスの提供に関して国際規格のISO 13485:2016認証を取得しているBaslerでは、厳格な品質管理体制の下で製造工程の検証・監視、トレーサビリティの確保、全面的な変更管理を行うことにより、マニュアル類の充実や製品品質の向上を図っている。これは医療機器や体外診断用医薬品(IVD)を取り扱うメーカにとっても大きなメリットで、品質監査や製品関連文書の作成をよりスムーズに進めることができる。また、特に重要となる変更管理については、ハードウェアとファームウェアに変更を加えない「デザインフリーズ」を含めて明確な規定を行うなど、Basler MED aceを長期にわたって使用できるようにしている。


 このほか、医療・ライフサイエンス分野の厳しい撮影要件を満たすため、Baslerがハードウェア、ファームウェア、ソフトウェアを組み合わせて独自に開発したMED機能セットが付属していることもBasler MED aceの大きな特長。MED機能セットには「規格準拠」、「高画質イメージング」、「パーフェクトカラー」、「低照度イメージング」、「ハイスピード」、「産業用イメージング」の6種類があり、短時間で最適な画像を撮影できるだけでなく、それぞれのシーンに応じた柔軟な活用もできるなど、開発労力の軽減につながっている。詳細については、同社ホームページ( http://www.baslerweb.com/medical )を参照のこと。


バスラー・ジャパン株式会社

http://www.baslerweb.jp