©2019 by Sangyo Kaihatsukiko, Inc.  All rights reserved.

キヤノンシステムアンドサポート、CPR(心肺蘇生法)とAEDの普及に尽力

キヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)グループのキヤノンシステムアンドサポート(以下、キヤノンS&S)は、万が一の際の対策として、CPR(心肺蘇生法)とAEDの普及を進めている。現在はキヤノンS&Sの全国約170(※1)の事業所が入居するすべての建物にAEDが設置されており、一部テナントビルを除きそれぞれ近隣の方にも開放している。


国内には60万台を超えるAEDが設置されているといわれている。2018年中の心原性心肺機能停止の傷病者数は78,302人で、このうち一般市民が目撃したケースが25,538人となっている。しかし、実際にAEDが使われたのは1,260人で、倒れたところを目撃された傷病者数に対してAEDが使われたケースはわずか4.9%にとどまっている(※2)。


また、NHKのアンケート調査によると、いざというときにAEDを使えるかという問いに対して53%の人が「使えない」と回答。そのうち半数以上の人が「使い方がわからない」ことを理由に挙げている(※3)。


2017年中に一般市民が目撃した心原性心肺機能停止の傷病者数は25,538人で、そのうち心肺蘇生を実施しなかった傷病者の1ヵ月後生存率が9.4%。それに対して一般市民が心肺蘇生を実施した場合の1ヵ月後生存率は16.6%であり、さらに一般市民がAEDを使用し除細動を実施した場合の1ヵ月後生存率は53.5%に上る(※2)。


キヤノンS&Sは全国に合計約500名の社内資格認定インストラクターがおり、47都道府県でCPR講習会を実施できる体制を整えている。

CPR講習会の様子

また、キヤノンMJグループでこれまでに実施したCPR講習会の受講者数は、16万9,546人(2019年6月末時点)。2020年までにこれを20万人に実施することを目指している。


2020年までにCPR講習会受講者20万人を目指す意味を込めた缶バッジ。全社員が着用している

※1:2019年7月現在

※2:出典「平成30年版救急・救助の現況」(消防庁)2019年7月20日に利用

https://www.fdma.go.jp/publication/rescue/items/kkkg_h30_01_kyukyu.pdf

※3:出典 NHK「AEDや心肺蘇生に関する世論調査結果」

http://aed-project.jp/project.html


キヤノンシステムアンドサポート株式会社

https://www.canon-sas.co.jp/csr/contributions/aed/index.html