©2019 by Sangyo Kaihatsukiko, Inc.  All rights reserved.

オプティム、佐賀銀行とAI・IoTを活用した在宅医療支援サービスのビジネスマッチングを開始

株式会社オプティム(以下、オプティム)と佐賀銀行は、2017年12月18日に締結した「金融×IT戦略的包括提携」の取り組みの一環として、AI・IoTを活用した在宅医療支援サービスのビジネスマッチング契約を締結したと発表した。


オプティムと佐賀銀行は、2017年12月18日に、FinTechを含んだ「金融×IT」分野において、AI・IoT・ブロックチェーン※1技術などを活用した取り組みを推進していくことを目的として、「金融×IT戦略的包括提携」を締結している。今回のビジネスマッチング契約の締結は、「金融×IT戦略的包括提携」にて合意している、『事業者の経営効率化につながるAI、IoTの活用と支援の枠組み構築』を実現する。


まずは、オプティムが提供するAI・IoTを活用した在宅医療支援サービス「Smart Home Medical Care」のビジネスマッチングに取り組むとしている。具体的には、地域を取り巻く医療福祉の課題に通じた佐賀銀行が顧客へサービスの紹介を行う。オプティムは佐賀銀行から顧客の紹介を経て、佐賀銀行のグループ企業である佐銀コンピュータサービス株式会社(以下、SCS)を介して販売およびサポートする。


オプティムは、地域に根ざす佐賀銀行およびSCSと連携してサービスを提供することにより、地域の顧客に密着し業務効率化や医療の質の向上、人手不足の課題解決に貢献していきたいとしている。

本契約における「Smart Home Medical Care」ビジネスマッチングから販売までの流れ

「Smart Home Medical Care」とは、オプティムのもつAI・IoT技術を活用して、在宅医療を支援するサービス。このサービスでは、高齢患者でも普段から慣れ親しんでいるテレビと、バイタルセンサなどのIoT機器を用いる。患者は複雑な操作をすることなく、普段と変わらずテレビを見ているだけで本サービスを利用することができ、テレビ画面上で医師の顔をみながらビデオ通話が行える。「Smart Home Medical Care」についての詳細は、下記ウェブサイトを参照のこと。

https://www.optim.co.jp/medical/shmc/


※1:ブロックチェーン:データを分散することにより、中央集権のコンピューターを置かず、破壊や改ざんが困難なネットワークを作る分散型台帳技術。


株式会社オプティム

https://www.optim.co.jp/