©2019 by Sangyo Kaihatsukiko, Inc.  All rights reserved.

QDレーザ、新方式の網膜走査型レーザディスプレイの開発に成功

 株式会社QDレーザは自社の網膜走査投影技術を駆使した新方式の網膜走査型レーザディスプレイの開発に成功した。LASER World of PHOTONICS 2019(独ミュンヘン、2019年6月24 ~27日)にて、世界初公開のプロトタイプ2機種を展示、動作デモを行う。


左:RETISSA(R) Handy  右:RETISSA(R) Flex Periscope

【開発の経緯】

 QDレーザでは、創業以来培ってきたレーザおよび光学技術を応用して、三原色レーザ光源からの微弱な光と高速振動する微小な鏡(MEMSミラー)を組み合わせ、網膜上に映像を描き出すレーザ網膜走査技術「VISIRIUM(R)テクノロジ」を開発してきた。原理的に視力(ピント調節能力)に依存しないため、どなたにとっても見やすいディスプレイの実現を目指している。

 2018年に販売を開始した「RETISSA(R) Display」は、この「VISIRIUM(R)テクノロジ」を実用化した製品の第1弾であるヘッドマウントディスプレイである。発売以来、視覚の再定義(Re-defining the Vision(TM))を通じた新しい見え方を提供してきた。

 今回、既存のピコプロジェクタ製品や、スマートフォンに内蔵されたピコプロジェクタを画像投影エンジンとして流用し、新たに開発した光学アタッチメントを活用することにより、安全で画角の広い網膜投影を可能とした。シンプルな光学部品と、コモディティ化された投影デバイスを組み合わせることにより低価格化とダウンサイズ、利便性の向上を実現する。


■ RETISSA(R) Handy

 市販のピコプロジェクタと独自のマクスウェル視光学系とを組み合わせ、左図のように手持ちサイズで高精細な網膜投影画像を見ることができる。フリーフォーカス特性により、ピント調節能力によらず水平視野角40度の画像を自然に楽しむことができる。

 参考までに、新たな取り組みとしてRETISSA(R) Handyは日本パラ陸上競技連盟所属の澤田 優蘭選手のトレーニングに活用していただいている。


■RETISSA(R) Flex Periscope

 小型プロジェクタと独自の柔軟な構造をもつ画像伝播光学系との組み合わせにより、通常の矯正眼鏡に干渉せず、眼鏡をしたままでの網膜投影型ディスプレイが実現できる。今回開発した独自の画像伝播光学系により、目の周辺に電気回路が存在しないため、眼球周辺の部品サイズをミニマイズできる。上記RETISSA(R) Handyと同じく、フリーフォーカス特性により、装着者の視力に依存しない。ピコプロジェクタ、あるいは、ピコプロジェクタ内蔵スマートフォンなどにおける、ある意味イヤホン的な役割を果たす技術である。



【今後の展開】

 今回開発したRETISSA(R) HandyとRETISSA(R) Flex Periscopeの特徴である優れた可搬性と低コスト化により、誰でもより手軽に網膜投影型レーザディスプレイを利用できるようになる。今後、超小型・安価な視野計、眼疾患の早期発見、自己検査、周辺視野トレーニング、スマートフォンアプリやスマートフォン機能との融合による新機能創出などへの展開も想定している。

 今回の展示を起点に、さまざまな角度から意見・要望を募り、コスト・機能・デザインすべてにおいて、真に市場に求められる商品に完成させていく。また、既存のピコプロジェクションの応用商品として網膜走査投影技術の幅広い普及を目指しており、多様な形で事業化のパートナーを募っていく。